グイノ神父の説教



2023年

A年

特別な祝日 

聖人の祝い

  神の母マリア
主の公現


          神の母の祭日  A年  202311日    グイノ・ジェラール神父

                   民数記  6,22-27   ガラテヤ4,4-7   ルカ2,16-21

   新しい年の第一日目に、私たちの祈りの意向となるように三つのテーマが提案されています。それは、新年の幸せの願い、世界の平和、神の母マリアの保護です。

 今朝の第一朗読は私たちの上に神の祝福を注ぎます。「主があなたを祝福し、あなたを守られるように。主が御顔を向けてあなたを照らし、あなたに恵みを与えられるように」と。これこそイエスの教会が私たちのために望んでいる新年の願いです。私たち一人ひとりが愛する人たち、今日出会う人たち、更に年賀状を送った人たちにも、同じように祝福できればいいと思います。

 また今日、私たちは世界の平和のために祈っています。今日の日が皆さんにとって平和で満たされた日とりますように。神ご自身から来る、この世が与えることのできないこの平和をベツレヘムの天使たちは約束しました(参照:ヨハネ14,27)。この平和が私たちを「平和の働き手」「平和の子」と変化させるはずです。確かに私たちが神を「父」と呼ぶために、また私たちが兄弟姉妹として一緒に生きるように神は私たちをご自分の子どもとなさいました。ガラテヤの手紙を通して、聖パウロはそれをはっきりと上手に説明しています。

 聖霊によってマリアからお生まれになったイエスは私たちの兄弟であり、また彼は「平和の君」でもあります。イエスの誕生はマリアを「神の母」としました。言い換えれば、マリアとイエスは全人類を救う神の愛の神秘の内に親密に結ばれています。神の母、私たちの母であるマリアは「平和の」でもあります。マリアは神の前で絶えず私たちのために祈り、執り成しておられます。私たちも、「神の母、聖マリア」と言いながら、マリアがずっと私たちのために祈り、執り成すことを願っています。

 「羊飼いたちは神をあがめ、賛美しながら帰って行った」と今日の福音の個所が教えています。神の母、聖母マリアを祝うことによって、また世界の平和のために祈ることによって、神をあがめ、賛美するように私たちは誘われています。新年の最初の日が、神に栄光と誉れを捧げる賛美の日になりますように。またこの日が母マリアに大きな「ありがとう」を捧げる日となりますように。なぜなら母マリアは私たちに救い主を与え、私たちのために平和を強く望んでいるからです。

 聖ルカは何回も「母マリアは自分の人生の出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた」と書き記しています。私たちも、父なる神と聖母マリアの眼差しの下で自分の人生と昨年のすべての出来事を思い巡らしましょう。そうすれば 神への信頼が強められ、そして私たちの愛と希望と祈りが養われることになります。この平和と喜びの日に当たって、神の母マリアの保護のもとで、三位一体の神、父と子と聖霊が私たち一人ひとりを豊かに祝福しますように。アーメン。

******************************************************************************************************************************

    主の公現の祝日 A 2023年 1月 8日    グイノ・ジェラール神父

          イサヤ60,1-6  エフェソ3,2-35-6  マタイ2,1-12

 主の誕生を祝うために、正教会は「主の公現」の祝日を選びました。正教会は夜にイエスの誕生を語る聖ルカの物語よりも、マタイの物語を参考にしています。イエスはもはや飼い葉桶の中に寝かせられていません。むしろ母マリアのそばに居て家の中で遊んでいます。イエスは2歳になっています。ヨセフは留守でした。きっとベツレヘムの近くに仕事に出かけているのでしょう。

 マタイはユダヤ人のために福音を書きました。この福音は旧約聖書が多く引用されています。今日の占星術学者の話は、カテキズムの宝石です。正しいメッセージを伝えるためにマタイは、話の中で歴史、天文学、神学、論争、聖書の個所とユダヤ教の伝統を上手に詰め込みました。確かに、マタイの福音は象徴で満たされています。それは神の約束と預言者たちの預言が実現されていることを示すためです。東方から来た占星術学者たちは「時が満ちている」ことを証ししています。「国々はあなたを照らす光に向かい目を上げて、見渡すがよい。みな集い、あなたのもとに来る人々は皆、黄金、乳香、国々の富をあなたのもとに携えてくる」(参照:イザヤ60,3-46)。

 また、マタイの福音は、エルサレムの神殿で主の奉献の時に母マリアに預言されたシメオンの言葉のとおり、生まれた途端イエスは分裂のしるしでした(参照:ルカ2, 34)。ヘロデ王、大祭司そして律法学者にとって、イエスは不安をもたらし、妬みと恨みを引き起こす人物です。占星術学者とベツレヘムの羊飼いたちにとって、イエスは喜びと礼拝、平和と希望の泉です。

 実に、マタイの占星術学者の物語はあり得ない話であり、子供のおとぎ話に似ています。例えば、真昼にイエスの家まで占星術学者たちを導くあの不思議な星について皆様はどう思いますか。しかし、この物語を通してマタイは私たちを信仰の中心に導きます。主の公は全人類を救うために、イエスを通して人間になった神の現れです。確かに、主の公は「ご自分の民を訪れる」(参照:ルカ 1, 68)神の偉大な祝いです。

 占星術学者たちに従って全ての人がイエスを捜し求め見つけたら救い主と贖い主の神として礼拝するように、マタイは招いています。実際に、神は私たちを引き寄せるために、第一にいつも先に私たちを捜し求めています。占星術学者たちの星はそれを具体的に表しています。ご自分の方へ人を引き寄せるために神は目に見える印をあたえます。同時にその人が迷わないために神はそばに来て、その人に伴います。

 マタイの物語はこのように終わります。「『ヘロデのところへ帰るなと夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った」と。キリスト者である私たちにとっては「自分たちの国へ帰る」ことは神の家に帰ることです。つまり神の愛の完成を受けることです。占星術学者たちと同じように私たちもイエスに出会う度に、私たちの人生が、自分の永遠の運命にますますぴったりと合う新しい方向を受けます。

 ミサ祭儀に与かる度に、私たちは変わるはずです。なぜならミサは神と完全に出会うドアを開けているからです。私たちは本当に神の子供たちですので、この神を「父」と呼ぶようにイエスは私たちに教えました。光と喜びで満たされている主の公の祝日は、どうして「神が人間になったのか」を説明しています。神が人間になった理由は、先ず、私たちは彼の子供たちであることを証明するためです。そしてご自分の愛と平和が永遠に私たちの心を満たすためでした。聖パウロはエフェソの信徒への手紙でこの事実を「キリストの神秘」と名付けました。ですから感謝と賛美をもって、この神秘を祝いましょう。 アーメン。



トップページに戻る       

 

 

 

 


newpage3.htmlへのリンク